漫画「ダイヤのA」は面白い?ハマる女子が急増中!

ある日の夕方、晩ご飯の準備を進めながらテレビを観ていた時のこと。

「えっ、何このイケメン…!」

と彼を見た瞬間準備する手は完全に停止。そして出逢ってしまったその日から私はどんどん深みへとハマっていってしまう…。

どこの少女漫画かと勘違いされそうですが、私が「ダイヤのA」という高校野球を題材とした作品を知ったキッカケはこんな感じでした。

登場するキャラはもちろんその内容も魅力要素が満載!

青春から遠ざかってしまった大人の心に熱い思いを届けてくれる「ダイヤのA」にハマる女子が急増中です♪

 

ダイヤのA(エース)の簡単なあらすじ

 

「廃校の決まった中学校の名を全国に残したい」という志から中学全国大会優勝を目指していたものの、最後の一球、自らの暴投で幕を閉じてしまった主人公・沢村栄純(さわむらえいじゅん)。

 

その試合を見ていた東京の野球名門校、青道高校のスカウト高島礼が自宅に訪れ

「見る人によってはただの暴投だけど、私はそこに投手としての本質を見た」

と称賛し、一度全国レベルの練習を見に来ないかと持ち掛けるが、そこで出逢った天才捕手・御幸一也(みゆきかずや)との衝撃が忘れられず、家族や友人たちに背中を押されつつ上京を決意する。

 

野球の名門校に身を置き、ライバルたちと切磋琢磨しながら甲子園、そしてエースピッチャーを目指して奮闘する。

たった3年間という限られた時間の中でしか経験することが出来ない高校野球に青春の全てを捧げた少年たちの姿を描く王道野球漫画です。

 

ダイヤのA act2 1巻 通常版

価格:216円
(2019/5/27 04:55時点)
感想(0件)

 

少し余談ですが、作品名の「ダイヤのA」の由来についてもご紹介!

まずひとつ目、野球の内野(各ベースの内側)が別名ダイヤモンドと呼ばれていること。

そしてふたつ目は、主人公の沢村栄純が投手としてダイヤモンドの原石であるという所からこの作品名に決まったそうです。

 


今ならダイヤのAの1~3巻を無料で読むことができます♪

↓↓↓

ダイヤのAを無料で読んでみる♪

ダイヤのAを無料で読んでみるならコチラ♪

 

ダイヤのA(エース)のここが面白い!

 

『ダイヤのA』が面白いと感じるポイントは人それぞれだと思いますが、私なりに「だからハマっているのかな?」と思う部分を挙げてみます♪

高校野球を題材とした青春漫画はとにかく泣ける!

スポーツ漫画に求めるもの、魅力のひとつと言えばやはり「感動」ではないでしょうか?

私自身高校時代に運動部に所属していたこともあり、自らの経験を重ね合わせて読んでいる部分もあるため、試合の勝敗ひとつで目頭がクッと熱くなることが多々あります。

あらすじでも少し触れましたが、高校時代の貴重な時間を野球ひとつに全て捧げている少年たちの青春・夢がその一試合、もっと掘り下げればその一球で終わってしまうというのはやはり胸を熱くさせられます。

あと「ダイヤのA」には恋愛描写がほとんどありません。スポーツ系にありがちな選手とマネージャーの甘酸っぱい恋みたいなものは皆無なので、純粋に野球を楽しみたい方にはオススメです。

現実味溢れる高校球児たちの世界

主人公の沢村栄純はスーパールーキーではなく、同級生ライバルの降谷暁(ふるやさとる)がそのポジションに当たるのですが、よく地区予選すら突破したこともない弱小校が天才選手の入部を機に全国大会出場、はたまた優勝まで成し遂げてしまうような話もありますが現実味はありませんよね?

「ダイヤのA」の舞台である青道高校は強豪校という設定ですが、そこに通う選手たちみんなが毎日必死に練習していても甲子園は高く困難な壁という描写がリアルに描かれているのも引き込まれる要因のひとつだと感じます。

 

あと選手の半数以上が寮生活を送っているのですが、寝食を共にする先輩や同期、後輩や監督たちとの細かなやり取りも見どころのひとつ。

真面目に練習に取り組む姿は大人びて見えますが、寮の一室に集まりみんなでバカ騒ぎしている様子は

「やっぱり高校生だな」

とクスッとさせられます。

登場人物の多くが未完成・発展途上

「主人公=超人」ではないのがこの漫画。

努力型の主人公であり、目標としているエースピッチャーになるためには自分に何が必要なのかを考え、少しずつ成長していく姿に感動させられることもしばしば。

では、スーパールーキーの降谷は完璧かと言うとそうではありません。

降谷は150kmを超える豪速球を投げられるセンスはあるものの、チームのエースとして気負い過ぎるあまりチームプレーが得意ではありません。

真のエースになるために彼もまた自分を変えるため努力をしています。

 

自他校問わず「ダイヤのA」に登場するキャラのほとんどが、自らに足りない物を求め、日々奮闘している発展途上の少年たちばかりです。

苦悩する場面、その苦悩に対して努力する場面、その努力が報われる場面…ついつい応援したくなるような身近に感じる要素も魅力のひとつだと感じます。

 

ダイヤのA(エース)に女子がハマる理由は?

ストーリーが好き、絵が好きなど色々あるかと思いますが、やはり個性あふれる登場人物が多い、このポイントはだいぶ大きいのではないかと思います。

「ダイヤのA」ではメインの青道高校のみならず、ライバル校の選手についても丁寧に描かれているので、自分の推しキャラが見付かる可能性が高いと思います。

 

そんな多数存在するキャラの中で、間違いなく女性人気に一役買っていると思われるのが天才捕手・御幸一也です。

何を隠そう、この記事の最初に私がイケメンだと一目惚れしてしまった彼がこの御幸くんでした。

 

 

先ほど恋愛描写が少ないと言いましたが、そのお陰で自分の好きなように妄想出来るのもどんどん深みにハマっていく一端ではないでしょうか。

 

 

ダイヤのA(エース)の名言ベスト3!

ベストな名言があり過ぎてどれを選ぼうか本当に悩みました…。

どの言葉がランクインしてもおかしくないぐらい名言に溢れている「ダイヤのA」ですが、私の独断で選出したベスト3をご覧下さい。

 

第3位:さぁ並ぼう…みんな立て…ちゃんと整列しよう… (結城哲也)

これはキャプテンの一言ですが、この言葉が発せられたのは甲子園出場が掛かった西東京予選の決勝戦。ギリギリまで対戦校を追い込むもあと一歩の所で負けてしまい、マウンドで膝から崩れ落ち涙を流す仲間たち。そんな中目に涙を浮かべながらも気丈に整列を促す姿がキャプテンの鏡だと思いました。

 

第2位:最高のピッチングってやつは、投手と捕手が一体になって作り上げる作品だろ(御幸一也)

沢村くんが初めて青道高校を訪れ、ひょんなことからバッテリーを組むことになった際に御幸くんが投げかけた一言です。私自身「こういう考え方があったのか」とすごく印象深く、沢村くんもそうだったのか、後に捕手として入部してきた後輩に「俺と作品を作る気はあるのか!」と問いかけています。

 

第1位:いつまでも俺の誇りであってくれ (片岡監督)

甲子園を目指す夏のレギュラーから外れた3年生に向けて送られた一言。厳しい練習に熾烈なレギュラー争い、悔しい思いをさせてしまっても腐らず、いつまでも誇りであってくれ…と、普段は厳しい監督自ら選手たちに頭を下げるシーンは是非漫画を手に取って読んでいただきたい名場面です。

 

ダイヤのA(エース)の漫画とアニメの違いは?

 

漫画の良さはやはり「内容の濃さ」だと思います。

アニメだと時間などの関係でどうしてもカットされてしまい、漫画を読んでいる人からすると少し物足りなさを感じてしまうかもしれません。

 

アニメの良さは動画ならではの「臨場感・迫力」が一番勝る部分だと思います。

漫画でも選手たちの躍動感は伝わってきますが、そこはやはり動画の方が上手、さらに観客からの声援なども加わり観ている方にも熱が入ります!

 

まとめ

まだまだこれから先の展開が気になる「ダイヤのA」。

 

テレビアニメでダイヤのエースを知ったという人も多いと思いますが、漫画『ダイヤのA』をまだ読んだことのない人は騙されたと思ってぜひ1巻だけでも読んでみてください♪

 

今ならダイヤのAの1~3巻を無料で読むことができます♪

↓↓↓

ダイヤのAを無料で読んでみる♪

ダイヤのAの1~3巻を無料で読むならコチラ♪

 

 

error: Content is protected !!