【十二人の死にたい子どもたち】簡単なあらすじと衝撃の結末を暴露

小説家『冲方 丁(うぶかた とう)』の傑作【十二人の死にたい子どもたち】がついに実写映画化されました!

監督は堤幸彦。全国公開は2019年1月25日(金)~です。

 

ここでは小説での簡単なあらすじと結末を紹介する内容となっています。

 

※ネタバレになりますので、まだ結末は知りたくないって人は閲覧に注意してください。

 

記事の一番最後に、映画を観た感想も追記しました^^

 

 

簡単なあらすじ

 

管理者サトシが運営する「自殺志願者サイト」によって廃病院に集まった12人の子どもたち。

 

彼らの目的は、安楽死

その計画を実行するには管理者サトシが絶対と決めている「ルール」が存在した。

 

 

①計画を実行する前に挙手によって全員の意思を確認すること

全員一致しなければ計画は実行できない

一人でも反対する人がいる場合はその場で話し合いをすること

④再度決められた時間になったらまた全員の意思の確認をすること

全員一致するまでこれを繰り返こと

⑥参加者はいつでも自分の意思で不参加に変更できる

 

 

指定された廃病院の地下、多目的ホールへと集まってくる参加者たち。

金庫には番号札があり、ひとりずつその番号を受け取る

 

 

そして予定時間の正午12時、予定通り12人が集まったと思いきや、ひとつ不可解なことがあった。

 

それはすでにひとりの少年が1番のベッドに横たわって死んでいるということ。

 

 

そこに遅れてやってきた主催者のサトシ。

これで13人になってしまった

 

 

「予定では12人だったはずが、13人ということの意味が解決しないとスッキリした気持ちで最期を迎えられない。

 

 

2番ケンイチの発言がきっかけとなり、意思確認の度に『計画の実行』に反対する人が徐々に増えていく。

そして調べていくうちに13人目の参加者は殺人によって死んだのではないか?という疑惑まで浮上する。

 

 

果たして計画は実行できるのか?

 

 

 

ネタバレ注意!衝撃の結末とは?

※ここから【十二人の死にたいこどもたち】の結末ネタバレになります。

結末を知りたくない人はここで閉じてくださいね。

 

 

ネタバレ① なぜ主催者の1番のサトシは自殺志願者を募集して『集い』を行ったのか?

 

主催者であるサトシは、自分の家族のせいで『死』にとりつかれていました。

  • サトシの母親が、受験に失敗してしまったサトシの兄を刺したこと(幸い一命は取り留めた)
  • 父親が自殺したこと

 

そういった過去の出来事のせいで自然と『死』について考えることが多くなったのです。

集いの舞台となる廃病院は、サトシの父親が以前に経営していた病院でした。

 

実は今回の集いは3回目だったのです。

サトシは

「死にたい人たちの話を聞いていると落ち着く」

「中止が決まって誰もいなくなるととても気分が良くなる」

と物語の最後でアンリに話します。

 

みんなで話し合いをした結果、最悪の場合もし全員が計画実行と決定したときにはサトシも死ぬ覚悟はできていました。

 

これまでに2回『集い』を行ったサトシでしたが、3回目となる今回は『13番目の人物』の登場によってイレギュラーな事態になってしまい困惑することになるのです。

 

13人目の謎の人物は誰だったのか?

 

そして13人目の⓪番の人物(死んでいると思われた男性)は、12番のユキが車いすで連れてきたお兄さん(名前はユウキ)でした。

 

ユキのお兄さんは事故により植物状態だったため、その動かない見た目から今回「死んでいる」と思われていましたが、実は生きていたのです。

 

5番シンジロウの推理が進んでいく物語の中盤、死んでいると思われていた0番は大きな『げっぷ』をし、生きていることが判明します。

 

それは『集い』が始まる時間より少し前のこと…

 

 

ユキは意識のない兄の乗った車椅子を押しながら廃病院へとやってきます。

 

管理者サトシから廃病院への入口は裏口と指定されていました。

そのまま兄弟二人で中に入ろうとしますが、裏口は狭く、車椅子が通れなかったため、正面玄関の自動ドアを開けるために一度、裏口に兄の乗った車椅子を置いたまま離れ、戻ってくると、車椅子のそばにノブオとアンリがいました。

 

ノブオとアンリのふたりが『トラブルによって集いが中止になると困る』『参加者として中へ運びこもう』という計画を話しているのを聞いたユキは、兄をふたりに任せることにし、1人の参加者として参加します。

 

ユキとお兄さんは仲のいい兄弟でしたが、ある日ユキがちょっとしたいたずらをしたことによってお兄さんが植物状態になってしまったのです。

ユキはそのことで自分を責める気持ちから、お兄さんと一緒に「死ぬ」という決断をし、今回の集いに参加したのでした。

 

謎の登場人物『秋川莉胡』とは?

 

物語の中盤、帽子とマスクで素顔をかくしていた自分のことを『りょうこ』と名乗る女の子の素顔が明らかになります。

本名は『秋川莉胡』。

 

帽子とマスクを外した瞬間、参加者たちは驚いてしまいます

 

それはテレビで大活躍している女優の『秋川莉胡(通称リコ)』だったからです。

 

リコは母親や周りの大人たちに作り上げられた自分に疲れ、どれが本当の自分が分からなくなってしまったため、今回の『集い』に参加することを決めたのでした。

 

3番のミツエは大好きな芸能人が死んでしまい、後追いするとこが死にたい理由でしたが、秋川莉胡が参加していることを知ったミツエは『私のような人を増やさないで』とリョウコに訴え、リョウコが参加するなら自分は反対するとまで言い出します。

その後、アンリの『死にたい理由』にまで自分が利用されると知ったリョウコは、『死ぬ時まで誰かに利用されたくない』と訴えるのでした。

 

ざっくりとした物語の流れ

  1. 自殺志願者をサトシが集める
  2. 廃病院に12人の子どもたちがやってくる
  3. 12人だったはずが13人というイレギュラーな事態が起こる
  4. 13人目『0番』は他殺だと推理する5番のシンジロウ
  5. もしこのまま計画を実行してしまえば警察から『集団自殺』ではなく、『誰かに殺された』と思われてしまうかもしれない
  6. どうしても『自殺じゃないといけない理由』がある複数の参加者たちが、このまま計画実行するのを反対する
  7. 廃病院内をみんなで調べると、犯人の手がかりが色々と見つかる
  8. タカヒロが犯人はノブオだと発言する
  9. ノブオ犯人は自分だと告白する
  10. 先に戻るノブオが何者かに階段上から突き落とされる
  11. 手がかりを元に5番シンジロウの推理が続く
  12. 0番は生きていると分かる
  13. このまま計画を実行すれば『0番を殺してしまうことになる』とまた議論が始まる
  14. メイコに階段から突き落とされたノブオが戻ってくる
  15. ノブオの共犯者はアンリだと分かる
  16. アンリの死にたい理由『生まれてくるべきではなかった』という発言から計画実行に反対する者が増える

 

結末の結末

みんなの話し合いで今回の謎が次々へと明かされていき、最後に『死にたい理由』についてみんなで話し合います。

 

「死にたい」とは思うが「生まれてこなければよかった」とは思わないという話にみんなが賛同していき、5番シンジロウの提案「計画を中止するべきか?」という最終的な意思確認で全員が挙手をし、計画は中止になり解散となるのです。

 

廃病院から出ていく子どもたちはみんな笑顔になっていて、主催者のサトシは『次の集い』の計画をもう考えているようでした。

 

 

 

 

ざっくりとしたあらすじ、結末でしたが、だいぶ見どころを削ってご紹介しています。

長編の物語なので、全部文字だけで理解しようとすると頭がパンクすると思います(笑)

 

この物語の見どころは

  • 13番目の人物(0番)はどうやって中に入ったのか?
  • なぜ殺人だと思われたのか?
  • 物語の中盤、⑨番ノブオが何者かに襲われて負傷する
  • 参加者たちの「死にたい理由」とは?

など様々な展開が待ち受けていて、終始ドキドキしてしまいます。

 

【関連記事で12人の死にたい理由や13番目の謎の人物・犯人のトリックまとめを解説しています】

十二人の死にたい子どもたち|死にたい理由や13人目の謎まとめ

 

 

 

登場人物(キャスト)

①番…サトシ(高杉真宙)

②番…ケンイチ(渕野右登)

③番…ミツエ(古川琴音)

④番…リョウコ(橋本環奈)

⑤番…シンジロウ(新田真剣佑)

⑥番…メイコ(黒島結菜)

⑦番…アンリ(杉咲花)

⑧番…タカヒロ(萩原利久)

⑨番…ノブオ(北村匠海)

⑩番…セイゴ(坂東龍汰)

⑪番…マイ(吉川愛)

⑫番…ユキ(竹内愛紗)

⓪番…ユウキ(とまん)

 

まとめ&映画を観た感想

 

今回は、小説【十二人の死にたい子どもたち】のあらすじや結末のネタバレをご紹介しました。

 

私自身、公開当日に映画を観に行きましたが小説に比べるとすごく簡潔な内容になっていて、自殺志願者を集める為に行われたテストのことなどには一切触れられていなくてちょっと物足りない気もしてしまいました。

0番の名前も登場しませんでした^^;

 

まぁすごく分かりやすい感じには仕上がっているとは思いますが…。

犯人のトリックや時系列などは映画の最後(エンドロール)でさらさら~っと流れていました(笑)

 

やっぱり伏線や、トリックの詳細などは小説で読んで楽しむほうがいいと思います^^

 

十二人の死にたい子どもたち (文春文庫) [ 冲方 丁 ]

価格:842円
(2018/11/24 13:47時点)
感想(1件)

 

でも12人の俳優さんの演技はそれぞれ個性があって、役にピッタリハマってるなと感じました!

特に、3番ミツエ役の古川琴音さん、6番メイコ役の黒島結奈さんの演技にはビックリ!!

 

ぜひ映画でその迫力ある演技を見てほしいと思います♪

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 


【十二人の死にたい子どもたち】に関する関連記事はこちら

【十二人の死にたい子どもたち】死にたい理由や犯人のトリック謎まとめ

1番サトシ役の高杉真宙がイケメンすぎる!

2番ケンイチ役の渕野右登って誰なの?

3番ミツエ役の古川琴音の可愛すぎる素顔とは!

橋本環奈演じる秋川莉胡(4番)はどんな人物?

5番シンジロウ役に新田真剣佑が挑戦!

6番メイコ役の黒島結奈に惚れる人続出?

8番タカヒロ役の萩原利久の子役時代が可愛すぎる!菅田将暉との意外な関係とは?

10番セイゴ役の坂東龍汰は期待の新人!?

11番マイ役の吉川愛の性格や本名は?天才的な演技力も!

12番ユキ役の竹内愛沙は可愛くない?似ている人で検証!

【0番】13人目の死体役『とまん』て何者?

 

スポンサーリンク

error: Content is protected !!