ブラック校則|Huluオリジナルストーリー【第3話】ネタバレ

Sexy Zoneの佐藤勝利くんとKing & Princeの高橋海人くんダブル主演の【ブラック校則】。

11月1日公開の映画に先駆け、10月14日からドラマもスタート。

そんななか、気になるのがHuluで配信されているブラック校則の『Huluオリジナルストーリー』ですよね。

そこでここでは、【ブラック校則(Huluオリジナルストーリー)】第3話のあらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します。

ネタバレも含みますので、まだ観ていない方は注意してくださいね!

 

【ブラック校則オリジナルストーリー】を今すぐHuluで観るならコチラ♪

↓↓↓

ブラック校則|Huluオリジナルストーリー【第3話】あらすじ

「いちごメロンパンも、いちご蒸しパンも、いちごミルクもない…」

創楽(佐藤勝利)がウルフの部屋で昼食を食べていると、中弥(高橋海人)が残念そうに入ってきた。

なぜそんなにいちごが好きなのか?ふと疑問に思う創楽だが、頭の中は希央のことでいっぱい。

おしゃれな男とハグをしている光景が頭から離れない創楽は放課後、希央の家を覗いていた…。

すると、工場で働く希央の友人グレイソン(ビーティー)、コフィ(マークドンコー)、ジル(ロディ)が陽気に家から出てきた。

創楽は勇気を出して「皆さんは…ハグとかしますか?」と質問するが…。

中弥のいちごの理由とは?そこにはなくなった父とのある出来事があった…。

そして、本人たちも知らない創楽と中弥の結ばれし運命が、今、明らかに…!

 

ブラック校則|Huluオリジナルストーリー【第3話】ネタバレ

ウルフの部屋でひとりお弁当を食べていた創楽。

そこに「最悪だ~」とパンの入ったビニール袋を片手に中弥がやってきた。

創楽がどうしたの?と聞くと「なかったんだよ。いちごメロンパンもいちご蒸しパンもいちごミルクも」とガッカリした様子の中弥。

「でもさぁ何でそんなにいちごが好きなの?」

創楽の質問に中弥は少し考え込むように黙る。

「いや好きっていうかさ」

 

~中弥が小学生の頃の回想シーン~

公園のベンチで母親とベンチに座っている中弥。

横には食品が入ったスーパーの袋。

袋の中のいちごをつまみ食いしようとした中弥の手を「ダメ!」とたたく母親(野呂佳代)。

いいじゃんと言って食べようとする中弥に母親は「ブロッコリーさんくるよ!」と脅かす。

「お父さん今日早く帰ってくるていってたから一緒に食べよ」

「いっつも寝てからじゃん帰ってくるの」

「今日は早いよ」

「嘘ばっかり」

そんな会話をしていると、本当に父親が早く帰ってきた。

家族4人で歩く帰り道。

「お父さん、仕事が早く終わる時と終わらない時ってどう違うの?」

「いちご食べたら早く終わるよ」

「じゃあ明日も早く終わるの?」

「うん。早く帰れるように頑張るよ」

父親のそんな言葉にとても嬉しそうな表情の中弥。

「じゃあお父さんいっぱい食べていいよ!いちご。早く仕事終わるように」

「え~優しいなぁ中弥」

 

~回想シーン終了~

 

「え、いちご食べたらお父さんが早く帰ってくると思ってたの?」

「そう」

「それを今でも続けてるの?」

「いや、やめろよ。今帰ってくるとは思ってないよ?さすがに」

創楽はお弁当の中に入っていたいちごを「これ食べていいよ」と中弥に差し出す。

中弥は嬉しそうにいちごを掴むと、突然「川の橋で出会った人と恋に落ちる運命な噂」のことを話し出す。

希央が外人男性とハグをしていた場面を思い出す創楽。

思い出したくもないという創楽に、中弥は「俺も橋の上で出会った人のことを好きだったっていうのを思い出した」と話し始めた。

中弥が小2の頃、昼寝をして起きたら誰もいなかった。

怖くなってきた中弥は父親の会社まで行こうと思い、冷蔵庫にあるいちごを袋に入れて外へ出ても誰もいない。

中弥が橋の上を歩いていると、学生服を着た女性がひとりいた。

その女性は橋に花を添えて川のほうに手を合わせて、少し泣いているように見えた。

中弥は女性を避けて通り過ぎようとすると、女性は中弥に「ひとり?お母さんは?」と話しかけてきた。

「お父さんのとこ行くんだ」

「そっか」

「お姉さんは?何で泣いてるの?」

涙を流す女性に運命を感じたという中弥。

その後は会ってないという中弥にじゃあその人は運命の人じゃないという創楽。

「そもそも運命なんてない」と言い放つ創楽に「まだ希央のこと気にしてるの?」と言うと、気にしてないよ!と明らかに気にしている様子だった。

トイレに行ってくると部屋を出ていく創楽。

 

中弥は創楽にもらったいちごを眺めながら、幼いころをまた思い出していた。

橋の上の女性と出会った後、なんとか父親の会社までたどりついた中弥。

父親は優しく中弥を迎えてくれた。

母親は兄と一緒にスーパーに買い物に出かけていたらしい。

「いちご持ってきてくれたのか。ありがとう、中弥。これで仕事が早く終わるな」とほほ笑む父親に、中弥は思わず泣き出してしまった。

一緒にいちごを食べようと袋を覗くと、いちごのヘタがいくつか入っている。

どうやら父親の会社に来る途中に中弥が何個か食べたらしい。

笑う父親。泣き続ける中弥。

 

そんな光景を思い出しながら、中弥は創楽からもらったいちごをパクリとほおばった。

 

希央の家では、工場で働くグレイソン、コフィ、ジルの3人が来ていてラップなどをして楽しんでいた。

しかしラップ好きのおじさん、井上さんの姿がない。

理由を尋ねると、どうやら希央の母親(坂井真紀)のことを本当に好きだったようで、母親に相手にしてもらえないことに傷ついて家に来られないらしい。

 

いっぽう、希央が男とハグをしている光景が頭から離れない創楽は、希央の家をこっそりと覗いていた…。

すると、工場で働く希央の友人グレイソン、コフィ、ジルの3人が陽気に家から出てきた。

創楽は思い切って3人に「皆さんは…ハグとかしますか?」と質問する。

3人は一瞬固まってしまったが、(創楽は寂しいのかな?)と勘違いし、創楽をみんなでハグする。

ハグされた創楽はどうしていいか分からず動くことが出来なかった。

 

 

【関連記事】

ブラック校則|Huluオリジナルストーリー【第4話】ネタバレ

 

【ブラック校則オリジナルストーリー】をHulu公式サイトで観るならコチラ♪

↓↓↓

ブラック校則|Huluオリジナルストーリー【第3話】感想

ブラック校則オリジナルストーリー第3話では、主に中弥の父親への想いがよく描かれた話でした。

なぜ小2の中弥は異世界にいってしまったと思い込い込んでしまったのか?

橋の上で出会った女の子。

それは現在の中弥が大好きな田母神先生だったんですね!

これはやっぱり運命!!

そして、中弥がいちごが好きな理由も、父親に会いたいという気持ちが今でも残っているのかもしれません。

次回のオリジナルストーリーはいよいよ最終回!

創楽と中弥と希央の3人から目が離せません!!

今なら2週間無料で視聴できるのでお得です♪

↓↓↓

【ブラック校則のオリジナルストーリー】をHuluで観るならコチラ♪

 

【関連記事】

ブラック校則|Huluオリジナルストーリー【第1話】ネタバレ

ブラック校則|Huluオリジナルストーリー【第2話】ネタバレ

ブラック校則|Huluオリジナルストーリー【第4話】ネタバレ

error: Content is protected !!