SixTONESのデビュー曲が微妙?イマイチだと思う理由は何?

2020年1月22日、ついにデビューが決定したSixTONES(ストーンズ)。

そんなSixTONESのデビュー曲「Imitation Rain」(イミテーションレイン)が、テレビで一足先にお披露目されましたが、それを聞いたファンから「デビュー曲っぽくない」「なんか微妙」などの声が多くあがっています。

あのX-JAPANのYOSHIKI様が作詞作曲ということで、期待が大きかったためにファンにとっては「これがデビュー曲なんて…」という複雑な気持ちがあるようです。

そこで今回は、SixTONESのデビュー曲が微妙というファンの声やその理由を徹底的に調査してみました。

 

【関連記事】

スノスト「VS」はいつまで?キンプリから検証してみた!

 

SixTONESデビュー曲『Imitation Rain』動画

 

『Imitation Rain』の作詞作曲はYOSHIKI

 

SixTONESのデビュー曲「Imitation Rain」(イミテーションレイン)は、X-JAPANのYOSHIKIさんが作詞作曲を手掛けた珠玉のバラードですが、滝沢副社長がYOSHIKIさんに熱心にラブコールを送って実現したんだとか。

今までのジャニーズ感を感じさせないYOSHIKIワールド。

逆にジャニーズっぽさが好きな一部のファンには受け入れがたい…ということなんでしょうか。

 

SixTONESのデビュー曲に否定的なファンの声

ここでは、SixTONESのデビュー曲「Imitation Rain」(イミテーションレイン)が微妙だというファンの声をいくつかまとめてみました。

正直微妙

デビュー曲っぽくない

インパクトが薄い…

ジャニーズっぽくない

「これがデビュー曲じゃSixTONESが可哀想」の声も

SixTONESのデビュー曲に肯定的なファンの声

ここからは、SixTONESのデビュー曲を称賛する声もいくつか見てみましょう!

逆にSixTONESらしい

世界観がかっこいい

で結局、SixTONESデビュー曲ってどうなの

【先着特典】Imitation Rain / D.D. (初回盤 CD+DVD) (クリアファイルーC(A5サイズ)付き) [ SixTONES vs Snow Man ]

価格:1,496円
(2019/12/6 09:00時点)
感想(2件)

十人十色という言葉があるように、ひとりひとり好き嫌いって違うものですよね。

10人中10人が好きっていうものなんて、この世にはないのではないでしょうか。

だからこそおもしろいし、楽しい。

いつかSixTONESがデビューから何年か経ったとき、あのデビュー曲も賛否両論あったよね!と笑い話になるほど、SixTONESの活躍を楽しみにしています♪

 

 

【関連記事】

スノスト「VS」はいつまで?キンプリから検証してみた!

RIDE ON TIMEがSixTONESに密着!#1の動画と内容まとめ

松村北斗の演技がヤバい?俳優としての役作りに絶賛の声!

松村北斗(SixTONES)人気の理由は?私服ブランドも調査!

松村北斗のピアノ姿がヤバい?ドラマ「10の秘密」の役を調査!

 

 

error: Content is protected !!