「10の秘密」主題歌を歌う秋山黄色って誰?プロフィールを調査!

2020年1月14日(火)夜9時スタートのドラマ【10の秘密】。

その主題歌「モノローグ」を歌うのはシンガーソングライター秋山黄色(あきやまきいろ)。

専門学校中退のフリーターという肩書を持ちながらも、自主レーベルの1作目「やさぐれカイドー」ではSpotifyバイラルチャート2位を獲得するなど、今最も注目されているアーティストといっても過言ではありません。

ですが現在テレビ出演などはほとんどないため、その正体は謎に包まれています。

 

そこで今回は、「10の秘密」のドラマ主題歌で初めて秋山黄色を知った!というあなたのために、彼のプロフィールや経歴を徹底調査!

これまでの経歴や本名、テレビ出演の動画など、その謎の正体に迫ります。

 

 

ドラマ『10の秘密』主題歌を歌う秋山黄色って何者?プロフィールや経歴

秋山黄色の簡単なプロフィール

  • 名前:秋山黄色
  • 生年月日:1996年3月11日
  • 出身:栃木県宇都宮市
  • 学歴:専門学校中退

秋山黄色の肩書は無職!?

秋山黄色さんはドラマ『10の秘密』の公式サイトで以下のように話しています。

無職の俺に大事な役目を任せていただいて本当に嬉しいです。

誰しもが抱えている、もう変えられない事を悔やむやりきれない独白。それによって少しでも何かが変われば少しは救われるのにという思いをこの曲に込めました。

10の秘密に隠された10以上の本質に、楽曲も寄り添わせて楽しんでください。

これを見たら「え?無職ってどういうこと?」と思いますよね。

最終学歴が専門学校中退ということで、どうやら現在はYouTubeなどの音楽配信だけで生活していると思われます。

どこかの事務所に所属しているわけではないので本人は「無職」と言っているようですね。

これからも無職の肩書で活動するのかは疑問ですが、そのほうがインパクトがあって認知度もあがりそうな気がします(笑)。

秋山黄色の経歴

  • 秋山黄色が中学生の頃、アニメ「けいおん!」に影響を受けてベースを始める。
  • 高校1年生の時に初のオリジナル曲を作る。(高校の頃は米津玄師やスピッツをよく聞いていて、本人も米津玄師に影響を受けていると話している)

  • 2017年12月から地元の宇都宮と東京を中心としたライブ活動を始める。
  • 2018年6月には初の配信シングル「やさぐれカイドー」をリリース。
  • 2018年8月に行われた「出れんの!?サマソニ!? 2018」では最終14組の中に勝ち残り、SUMMER SONIC 2018に出演する。10月にはMINAMI WHEEL 2018などのフェスに出演し話題に。
  • 2019年1月には、1st mini ALBUM 「Hello my shoes」をリリースし、その後Spotify(音楽ストリーミングサービス)の「今年大きな飛躍が期待される新進気鋭の国内アーティスト10組」のうちの1組として秋山黄色が選出される。
  • その10組の中にはKing Gnu、SASUKEなど今話題のの実力派アーティストが肩を並べた。
  • 新曲「モノローグ」が2020年1月、向井理主演ドラマ「10の秘密」の主題歌に抜擢。

 

こうやってみると、秋山黄色さんは本当に実力だけでここまで勝ち上がってきた印象を受けますよね。

しかも2020年のは、ドラマ「10の秘密」で初のタイアップという偉業を成し遂げました!

 

秋山黄色のこれまでの代表作

秋山黄色さんの人気が急上昇した理由のひとつとして、2018年の暮れから2019年の年明けにYouTube配信の広告欄で彼の曲がよく登場するようになっというのがあります。

これが秋山黄色さんの代表作と言ってもいいほど、本当にかっこいい曲なんです。

その曲がこちら↓

秋山黄色の2枚目シングル「猿上がりシティーポップ」

イントロが印象的で、その後に続く秋山黄色さんの魅力的な声。

この曲が秋山黄色さんの人気に火をつけたわけなんですね!

他にもおススメしたい曲として「やさぐれカイドー」があります。

秋山黄色の初配信シングル「やさぐれカイドー」

秋山黄色の初の配信シングルとして公開されたこの曲。

ホントに20代とは思えないほどのこのクオリティー!

まさに天才ですよね。

2019年8月配信シングル「夕暮れに映して」

 

いやほんと最近出てきたばっかりとは思えないほどのクオリティーというか、声も曲もめっちゃいいですよね~❤

秋山黄色さんの曲は他にも、

  1. やさぐれカイドー
  2. Drown in Twinkle
  3. 猿上がりシティーポップ
  4. ドロシー
  5. とうこうのはて

が収録されたミニアルバム「Hello my shoes」もドはまりする曲ばかりなので、ぜひ聞いてみてくださいね♪

Hello my shoes [ 秋山黄色 ]

価格:1,650円
(2019/12/24 15:02時点)
感想(1件)

 

秋山黄色(あきやまきいろ)って本名なの?

 

秋山黄色さんの名前ってすごい独特なので本名なのか気になりますよね。

結論から先にいうと…本名ではありませんでした!

 

TOPPA!!のインタビュー内で、↓のように答えています。

まず秋山が母方の旧姓で。黄色に関しては……皆幼い頃おかしな事をする時期があると思うんですけど、僕の場合は小学生ぐらいの時で。

それが何かというと……黄色い車を敵視していたんですよ。

黄色い車が来たら体の前でクロスしてバリアする、”車ガードゲーム”みたいな事をしたことがあって。

小学生のときに”黄色”って呼ばれるようになって秋山と合わせて”秋山黄色”っていう名前をふざけてTwtitterの名前にしたら、定着してしまったんですよ。

黄色は……僕の中でかなり嫌な色です。

 

ということで「秋山黄色」は本名ではなく、黄色は嫌いな色で、本当は赤が好きなんだとか(笑)。

ちなみに本名は現在のところ公表されていませんでした。

秋山黄色は顔出ししない?

秋山黄色さんはこれまでまともに顔を出したことがありません。

Twitterなどを見ても、ほとんど顔を隠しています。↓

肌の色も白いし、イケメンそうなのに…。

隠されると余計に見たくなる!(笑)

秋山黄色さんの顔画像を他にも色々探してみましたが、まともに映っている画像は見当たらず、どうやら顔を拝めるのはライブだけのようですね。

秋山黄色がテレビ初出演?動画あり!

2019年12月14日放送のNHK【SONGS「尾崎豊トリビュート 令和の時代に響く歌」】で、地上波に初出演した秋山黄色さん。

尾崎豊の名曲「シェリー」をカバーし、その歌声が大きな話題を呼びました。

 

やっぱりここでも顔が見えそうで見えない…。

ってそんなことよりも、この歌唱力が凄すぎて秋山黄色の世界に引き込まれてしまいました!

 

SNSにも私と同じように秋山黄色の歌声に感動した人の書き込みが多く見られましたよ♪

 

 

秋山黄色がドラマ「10の秘密」の主題歌に選ばれた理由とは?

ドラマの主題歌ってもともと知名度のあるアーティストなどが選ばれるようなイメージがありますが、ドラマ「10の秘密」に秋山黄色さんが選ばれた理由とは一体なんだったのでしょうか。

ドラマ「10の秘密」のプロデューサー河西秀幸さんはこうコメントしています。

色々な主題歌候補のアーティストを検討する中で、秋山黄色さんの楽曲視聴や、実際にライブにもお伺いしました。力強い声と思ったり、繊細な歌声に心を動かされたり…自由に音楽を楽しむ秋山さんの姿がとても印象的でした。楽曲ごとに秋山さんの”色”が変わり、何が一番得意な音色なんだろう…と思い、模索しましたが、答えが見つかりませんでした。でも逆にそこが面白いと思いました。

秋山さんの自由な音楽性から一体、どんな主題歌が生まれるんだろう!?と突き動かされるように聴きたくなり、衝動的に主題歌をお願いさせて頂きました。

ドラマのために書き下ろして頂いたデモ曲の数々はどれも音色が違うものでしたが、聴いた瞬間に決めさせて頂いた曲が「モノローグ」です。

主人公の心情にどこかシンクロしながら、サスペンスドラマを盛り上げてくれる素晴らしい楽曲だと思いました。

とてつもない可能性を秘めた秋山黄色さんの魅力を視聴者の方に知って頂きたいです。

どうやら河西プロデューサーが秋山黄色さんの楽曲に惹かれて、主題歌の作成をお願いしたようですね。

そして聴いた瞬間に主題歌に決めたという「モノローグ」。

ドラマ「10の秘密」ももちろん楽しみですが、秋山黄色さんの曲がどうドラマを盛り上げてくれるのか、本当に楽しみです♪

ドラマ主題歌「モノローグ」は2月4日より配信スタート。

 

error: Content is protected !!