オンラインゲームでラグが起きるのはなぜ?7つの原因と対処法

オンラインゲーム中に発生するタイムラグ(時間の遅延)のせいで、イライラすることってありますよね。

ラグがひどいと「いや!今の攻撃は当たってないでしょ!」ということが増え、ゲームの勝敗を大きく左右するといっても過言じゃありません。

オンラインゲームでラグが起こる原因として考えられる理由は、

  1. ネット回線やプロバイダの速度が遅い
  2. 無線接続(Wi-Fi)でPing値が高い
  3. サーバー(運営側)が不安定
  4. ネットワーク機器(ルーターやONU)の劣化、または故障
  5. LANケーブルの規格が古い、または束ねている
  6. 住んでいる地域による場合
  7. ゲーム機器(プレイ機器)の不具合

といった、主に7つの理由があります。

オンラインゲームでのラグは、たとえ0.001秒でもゲーマーにとっては大敵!

そこで今回は、オンラインゲームのプレイ中にラグが発生する原因と具体的な対処法を徹底解説していきます。

できる限りのラグ対策をして、できるだけ快適にゲームを楽しみましょう。

目次

オンラインゲームでラグが発生する7つの原因と対処法

原因①|ネット回線やプロバイダの速度が遅い

オンラインゲームでラグが起きる原因として最も大きいのが「通信速度」です。

通常、オンラインゲームを快適にプレイするには、100Mbpsが最も適していると言われています。

Mbpsとは?

bpsとは「Bit per second」の略で、1秒間に送信可能なデータ転送量を表す単位

※1000Kbps=1Mbps(メガビーピーエス)

この数値が大きいほど通信速度が速いといえます。

また、通信速度を表す数値には「上り」と「下り」がありますが、オンラインゲームで注目するべきなのは「下り」の数値です。

  • 「上り」・・・データのアップロード速度
  • 「下り」・・・データのダウンロード速度

ネットの契約時に表示される「最大速度」はあくまでも理論上の数値のため、その最大速度が保証されているわけではありません。

なぜなら、ネット回線は他の原因(無線接続やONU、住んでいる地域など)によって、実測値に大きく影響を受けるからです。

たとえば光回線の場合なら、実際の速度はその3~6割程度ということもざらにあります。

>>現在の通信速度(実測値)を計ってみる

実測値をあげるには、できるだけ「下り」の速度が高いネット回線を選ぶことをおすすめします。

原因②|無線接続(Wi-Fi)でPing値が高い

オンラインゲームでラグが発生する原因の2つめとして、「無線接続」が挙げられます。

無線接続(Wi-Fi)は有線接続に比べて速度が遅く、周囲の機器などにも影響を受けやすく通信が不安定になりがちです。

特に、無線接続の場合はPing値が高くなる傾向にあるため、ラグの発生が頻繁に起こる可能性が高いです。

Ping値とは

※「Ping値」とは、通信にかかる時間を表す数値のこと。

オンラインゲームをラグを気にせず快適にプレイするためには、このPing値が30㎳以下になるのが理想といわれています。

Ping値が50msを超えるとラグが起こりやすくなるため、実際のPing値がどれくらいなのか計測してみてください。

>>現在のPing値を計ってみる

無線接続から有線接続へ切り替えてから、Ping値を計り直してみると改善されることもあるので、ぜひ一度試してみてくださいね。

原因③|サーバー(運営側)が不安定

オンラインゲームのサーバー側=運営側の通信状況が一時的に不安定になっている場合も、ラグが起きやすくなります。

この場合、効果的な対処法はないため、ちょっと時間をおいてプレイするなどしてサーバー(運営)側の復旧を待ちましょう。

また、一緒にプレイしている相手の回線速度やPing値が原因でラグが発生することがありますが、これも同様に残念ながらどうすることもできません。

原因④|ネットワーク機器(ルーターやONU)の劣化、または故障

ネットワーク機器、

  • ルーター
  • ONU

などの劣化や故障によって、ラグが発生するケースもあります。

ルーターが原因の場合

ルーターとは、パソコンやテレビ、スマホやゲームなど複数のデジタル機器をネットにつなげるための装置のことです。

有線タイプと無線タイプがあり、ルーターの種類によっては最大通信速度と周波数帯も違います。

ルーターを再起動することでラグが改善することもあるので試してみましょう。

また、一般的にルーターの寿命は5年程度といわれていて、5年以上経つと通信速度の低下や接続状況が不安定になるといった症状が現れやすくなり、ラグが起きやすくなります。

たとえ光回線の超高速プランに変更しても、ルーターの劣化・故障のせいで通信速度が遅くなる場合もありますので、ルーターを購入して5年近く経ったら、不具合が出る前に早めに買い替えましょう。

ONUが原因の場合

光回線を利用してネットに接続するのに必要な「ONU」。

ONUには4つの緑色のランプがあり、すべて点灯していれば問題ありませんが、1つでも消灯している場合は、再起動(一度電源を抜いてしばらくしてから差す)してみましょう。

たとえばNTTなどのONUの場合、「認証」のランプが点灯していないならONUそのものが故障している可能性があります。

ONUは回線業者から無料でレンタルされるため、自分で交換することができませんが、自然故障であれば無料で交換してくれるので、契約しているネット回線業者のサポート窓口に相談してみましょう。

原因⑤|LANケーブルの規格が古い、または束ねている

せっかく高速な光回線サービスを使っているのに、古いLANケーブルを使っていませんか?

LANケーブルには「カテゴリ」という種類があるのですが、適切なLANケーブルを接続しないと回線速度を低下させ、これもまたラグの原因になってしまう可能性があります。

その理由は、LANケーブルの種類によって最大通信速度が大きく変わるためです。

たとえば、カテゴリ5といった古いタイプのLANケーブルをそのまま使うと、光回線の速度が1Gbpsでも最大通信速度は100Mbps以下になってしまうこともあります。

じゃあ何がいいの?という話ですが、

  • 一般的な家庭で利用するなら「カテゴリ6A」
  • オンラインゲームをするなら「CAT6A(6e)

が最適です。

このカテゴリのLANケーブルなら、光回線の最大速度を生かしつつ、ラグも最大限に少なくすることができるでしょう。

また、LANケーブルを束ねて使うと伝送性能が低下し、ラグ発生の原因になることがあるので、LANケーブルは束ねずに適切な長さで利用するようにしてくださいね。

原因⑥|住んでいる地域による場合

ネット回線の光信号は、基地局やサーバーからの距離が1㎞離れるごとに、およそ5㎲(マイクロ秒)の遅延が発生するため、住んでいる地域によってもラグが起きる原因になる場合があります。

つまり、光回線を利用している場所から通信基地やゲームサーバーまでの距離が離れるほど、Ping値が高くなりやすいわけです。

とはいえ、光回線はADSL回線に比べると、基地局との距離による回線速度の影響は極めて低いといわれています。

オンラインゲームでADSL回線を利用している人は、光回線への変更を検討してみてくださいね。

原因⑦|ゲーム機本体(プレイ機器)の不具合

ゲーム機器本体が劣化・故障している場合は、サポートセンターで修理、または買い替えることを検討しましょう。

ゲーム機によっては、本体の設定を変えることで通信状況を安定させラグを少なく出来る場合もあります。

また、パソコンの場合、一般的に寿命は5年といわれています。

もちろん使う環境などによっては10年使えるという場合もありますが、平均的に5年程度で何らかの不具合が出てくる可能性が高くなってきます。

スペックが古くなってラグが発生することもあるので、その場合はパソコン本体を買い替えることも検討しましょう。

ゲーム向けのネット回線に変えてラグから解放されよう!

ここまでオンラインゲーム時に発生するラグの原因と対処法について解説してきましたが、ネット回線自体をオンラインゲーム向けの回線に切り替えるのが、確実に早くて有効な対処法です。

とはいっても、現在はフレッツ光、ドコモ光、Softbank光など、さまざまな光回線が登場しているため、どれがいいのか迷ってしまいますよね。

そんななか、多くのゲーマーやYouTubeなどのゲーム実況者たちなどから支持されているのが「NURO光なんです。

ゲーマーに支持される「NURO光」とは

NURO光がゲーマーたちに選ばれる理由は、なんといっても爆速のネット回線速度!

まずは、ほかのネット回線との通信速度の違いを表でまとめてみました。

光回線名最大速度平均ダウンロード速度
NURO 光上り:1Gbps|下り:2Gbps464.13Mbps
auひかり上り:1Gbps|下り:1Gbps360.49Mbps
BBIQ光上り:1Gbps|下り:1Gbps293.66Mbps
So-net光上り:1Gbps|下り:1Gbps252.01Mbps
ソフトバンク光上り:1Gbps|下り:1Gbps247.84Mbps
OCN光上り:1Gbps|下り:1Gbps227.15Mbps
ビックローブ光上り:1Gbps|下り:1Gbps225.05Mbps
フレッツ光ネクスト上り:1Gbps|下り:1Gbps219.13Mbps
ドコモ光上り:1Gbps|下り:1Gbps217.92Mbps
ぷらら光上り:1Gbps|下り:1Gbps207.27Mbps
Yahoo!BB光上り:1Gbps|下り:1Gbps195.07Mbps
楽天ひかり上り:1Gbps|下り:1Gbps178.73Mbps
参考サイト:みんなのネット回線速度

「auひかり」も回線速度が速くて人気ですが、NURO光はさらに100Mbps以上も速いのが分かりますね。

NURO 光 の通信速度は「下り」最大2Gbpsで、数多くある光回線のなかでもトップクラスの通信速度を誇るため、オンラインゲーム中に発生するラグを最小限に抑えてくれます。

また、月額料金もプロバイダ料込で5,217円(税込)という安さなので、

  • ネットをできるだけ速くしたい!
  • できるだけ安くコストを抑えたい!

という人におすすめです。

ちょっと余談ですが、SNSの会話の中でも「終わるのが早すぎ!NURO光かよ!」といったような表現をよく見かけるようになりました(笑)。

そして、今ならなんと45,000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンも開催中なので、ネット回線の見直しを検討している人はぜひチェックしてみてくださいね!

>>今ならNURO 光がお得!?

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる