失敗談から学ぶ!ウォーターサーバー10選&比較表まとめ

こんにちは!秋です(‘ω’)ノ

我が家ではこれまでスーパーなどで売っているペットボトルの水を買っていたんですが、このご時世、しょっちゅう買い物に行くのが難しくなってきたので、今回ウォーターサーバーを検討することにしました。

「でもウォーターサーバーってめっちゃ種類があるし、我が家にはどれがいいのか分からん…(;´Д`)」

というわけで、めっちゃ調べました!

ちなみに、契約する業者によって1~2年以内に解約すると1万円以上の違約金がかかったりするので、適当に選ぶと後悔する可能性も。

これは絶対に失敗できない!と思ったので、主要ウォーターサーバー10社の種類や毎月かかるコスト、サーバー業者の違いなどを徹底的に調べまくりました。

というわけで今回は、

  • ウォーターサーバー選びに失敗した人の体験談
  • 失敗談から学ぶ!ウォーターサーバー選びで気をつけるポイント
  • ウォーターサーバーの比較一覧表

をまとめました。

さきに失敗例を知っておくことで、ウォーターサーバーを選ぶ基準をある程度まで絞り込むことができると思ってまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

ウォーターサーバー選びに失敗した人の体験談

これまでウォーターサーバーを利用したことがある人に失敗談を聞いてみました!

ここではその一部をご紹介します。

失敗談①

赤ちゃんが生まれるので、ミルクは天然水のものを使おうと思い、初めてウォーターサーバーを契約しました。ただ、水のボトルが予想以上に重くて交換するのが大変でめっちゃ後悔…。なので、現在はボトルの交換をしなくて済むタイプのサーバーを利用しています。(30代女性)

失敗談②

お湯やすぐに出るのは便利だと思ってウォーターサーバーを契約したけど、カップ麺を作る温度が足りなくて使えなかった。(20代男性)

失敗談③

友達とウォーターサーバーの話をしていたら「水の料金が高すぎる!」と言われました。ちゃんと調べて契約しなかった私が悪いのですが、契約違約金が1万円もかかるのですぐに解約できず、ちゃんとほかのウォーターサーバーと比べて選べばよかったと後悔しています。(40代女性)

失敗談④

ボトルのノルマ(毎月届くボトルの本数)が多くて、まだ残ってるのにどんどん届くから置き場所に困る。ノルマがないウォーターサーバーもあると知ったときは愕然とした。(30代男性)

失敗談⑤

水道直結型のサーバーを契約していたのですが、引っ越しするときに取り外し費用が2万円もかかることが判明!おなじ水道直結型でも、設置費用や引っ越し費用がかからないサーバーがあることを知らず、本当に失敗しました。(40代女性)

失敗談⑥

ウォーターサーバーのお水の種類を適当に選んだら、お腹を壊すようになった。どうやら胃腸が弱い人は硬度が高い水は控えたほうがいいらしい。失敗したけどいい勉強になった。(50代男性)

失敗談⑦

デザインが気に入って契約したけど、子どもがいるのでチャイルドロックをつけてもらったらめっちゃダサいやつが届いた。(30代女性)

失敗談⑧

電気を使って水を出すボタン式のウォーターサーバーを契約していましたが、災害時に停電になって水は出ないし温冷機能もストップ。あとでレバー式やコック式だったら停電でも使えるということを知り、すぐに乗り換えました。(40代女性)

失敗談⑨

いつも水の配達時に不在が多いので再配達の連絡がかなり面倒。しかもこのご時世だし、受け取りをしなくて済む水道直結型にすればよかった。(30代男性)

失敗談⑩

どれくらい水を使うか分からなかったので、その都度注文するウォーターサーバーを選んだけど、毎回水を注文する連絡も面倒だし、そもそも連絡するのを忘れてしまうことが多いので、定期的に配送してくれるサーバーに変えた。(30代女性)

なるほど~。実際に契約して失敗した例をみてみると、自分では気づけない気をつけるべきポイントが浮き彫りになってきましたね!

失敗談から学ぶ!ウォーターサーバー選びで気をつけるポイント

失敗談から分かったウォーターサーバーの選び方のポイントは、

  • 月額料金や電気代
  • 水の種類
  • ウォータースタンドのタイプや大きさ
  • ノルマ(毎月届く水の量)と配送サイクル
  • 空ボトルの処分方法
  • 水とお湯の温度
  • デザイン(チャイルドロックなど)
  • 災害などの緊急時にも使えるか?
  • 引っ越しする時、取り外し費用がかかるか?
  • 最低利用年数と解約料金

など、何に気をつけて選べばいいのかが分かってきました。

これを大きく分けると、

  1. 料金
  2. 水そのもの(種類や味、硬度、温度など)
  3. サーバー(大きさや色、デザインなど)
  4. 利便性、または面倒くささ(水の注文や受け取り、交換など)
  5. いざという時(災害や引っ越しなど)

という感じです。

すべての条件がピタッと当てはまるウォーターサーバーがあれば何の問題もないのですが、これがなかなか難しい…。

私自身、いろんなウォーターサーバーを調べましたが、

「ノルマはないけど水の料金が高い」とか、

「デザインは好みだけど水の交換位置が上だから重くて大変そう」

とか、〇〇はいいのに〇〇が微妙なんだよなぁ~って思うことがけっこうあって、何を一番優先すべきか、何を妥協するべきかめっちゃ迷いました。

ウォーターサーバーの比較一覧表

ここからは、主要のウォーターサーバーを目的別に比較表でまとめました。

※公式サイトに載っていない情報は、直接メーカーに電話をして聞きました^^

毎月かかる料金

まずは一番気になる毎月かかる料金の比較をしてみました。

ここで気をつけなきゃいけないのが、公式サイトには「サーバーレンタル料無料」と書いてあるけど、よく調べてみたらサーバーの機種によっては無料じゃい場合や、水の注文数が少ないと有料になる場合があるということ。

ほかにも”サポート料金”などかかるサーバーもあるので、毎月かかる料金の内容をしっかり確認していきましょう。

※ここで表示している料金はすべて税込価格です(配送料も税込価格)。

※天然水は軽減税率8%の料金で表示しています。

サーバー水の料金サーバーレンタル料(月額)配送料電気代
アルピナウォーターRO水
12L:1,155円
スタンダード:月629円(栃木・群馬・福島は660円)関東:無料
関東以外の本州:1箱~無料
北海道・四国・九州:505円/箱
スタンダード:約800円/月
エコサーバー:約470円/月
信濃湧水天然水
11.4L:1,620円
スタンダード:無料
エコサーバー:330円
関東:2箱~無料
関東以外の本州:385円/箱
北海道・四国・九州:660円/箱
スタンダード:約800円/月
エコサーバー:約470円/月
アクアクララRO水
12L:1,188円(通常プラン)
サーバーは無料
※ただし別途あんしんサポート料がかかる
2年割プラン:1,430円/月
通常プラン:1,650円/月
無料約720円/月(アクアファブの場合)
ワンウェイウォーターRO水
12L:1,350円
天然水
12L:2,052円
無料
※自然故障以外の交換は、5,500~9,900円の手数料がかかる
無料約446円/月
プレミアムウォーター天然水
12L×2本(1セット)
・通常プラン:4,233円
・3年パック:3,974円
・マムクラブ:3,283円

7L×2本(1セット)
・3年パック:3,542円
※7Lセットは3年パックのみ
<無料>
・スリムサーバーⅢ
・amadanaスタンドサーバー
<月1,100円>
・cado×premiumwater
・amandaウォーターサーバー
・QuOL(キュオル)
<月550円>
マムクラブ限定
cado×premiumwater
無料~※一部エリアを除く
<追加送料>
北海道・青森・秋田・岩手・沖縄:220円/1セット
石垣・宮古島エリア:715円/1セット
通常使用:約630円/月
エコモード:約500円
(スリムサーバーⅢ(ロングタイプ)の場合)
コスモウォーター
天然水
12L:2,052円
無料無料約450円/月
フレシャス天然水
4.7L:999円~
7.2L:1,247円~
9.3L:1,626円~
・レンタルプラン:無料~
※前月の水の利用数によってレンタル料金(500円~)がかかる場合があるで要注意!
無料約380円/月
クリクラRO水+4つのミネラルを配合
12L:1,460円
無料
あんしんサポートパック(460円/月)が別途必要
※クリクラFitは初回のみ2,200円かかる
※3ヵ月で水の注文が6本未満の場合、1,100円/月のレンタル料がかかるので要注意!
無料約1,000円~
ハミングウォーター
(床置きタイプ)
水道水+浄水フィルター
どれだけ飲んでも定額3,300円/月
定額料金に含まれるサービス内容
・サーバーレンタル料
・浄水フィルター2本(4カ月に1回届く)
・フィルターの配送料
なし
※初回のみ出荷手数料(2,200円)がかかる
約475円/月
※月に温水12L・冷水18L・常温水30L使用した場合の電気代
ウォータースタンド
(卓上タイプ※水道直結型)
水道水+浄水&ROフィルター
どれだけ飲んでも定額4,378円/月
※サーバーの機種により変動
定額料金に含まれるサービス内容
・フィルター交換時のフィルター代と作業費用
・故障、修理にかかる全費用
・経年劣化で本体交換にかかる全費用
なし約150円~1,200円/月
※サーバーの機種により異なる
※料金はすべて税込価格で表示しています

料金を合計して比較した結果、

RO水のなかで一番安いのは、「ワンウェイウォーター」。

ただし、ワンウェイウォーターのRO水は月3本(計36L)のノルマがあるため、毎月そんなに水を使わないって人は、ノルマがなくて必要なときに自分で注文できる「アルピナウォーター」のほうがおすすめです。

そして天然水のなかで一番安いのは、「信濃湧水」。

こちらはノルマもなく、必要なときに自分で注文すればいいので、お水がたくさんあまって困る!という事態を防げます。

また、特に水の種類にこだわりがなく、毎月36L以上の水を使うって人は「ハミングウォーター」が一番安くなります。

ノルマや配送サイクルについても次の項目でまとめてみたので、比較してみてくださいね。

ノルマ(毎月届く水の量)と配送サイクル

サーバーノルマ1回の最低注文数配送サイクル
アルピナウォーターなし12L×3本から必要な時に注文
信濃湧水なし
※3ヵ月4本未満の手数料:800円
宅配便エリア:1箱(2本)~
配送エリア:2箱(4本)~
必要な時に注文
アクアクララなし12Lボトル:2本~
7Lボトル:3本~
必要な時に注文
ワンウェイウォーター
RO水:月3本(計36L)
天然水:月2本(計24L)

※1ヵ月休止の手数料:880円
※ノルマ参照
追加注文は12L×2本(1セット)~
1~4週に1回
プレミアムウォーター月2本
(12L×2本 or 7L×2本)
※60日以上休止の手数料:880円
2本~ (偶数単位)12Lは1~4週に1回
7Lは1~3週に1回
コスモウォーター月2本(計24L)
※2ヵ月連続休止の手数料:800円
2本~1~4週に1回
フレシャスなし
※2ヵ月連続休止の手数料:1,100円
dewo:7.2L×4個(パック)
dewo mini:4.7L×4個(パック)
Slat:9.3L×2本
Slat×cafe:9.3L×2本
SIPHON+:7.2L×4個(パック)
1~4週に1回
クリクラなし1本~2週間に1回
ハミングウォーター
※水道水を注ぐだけ
ウォータースタンド
※水道直結型

ウォーターサーバーには毎月最低限注文しなくちゃいけないノルマがあったり、どのくらいのペースで届くのかという配送サイクルも変わってきます。

  • 毎月使う水の量がある程度決まっている
  • 毎回水を注文するのが面倒
  • 買い忘れの心配がある

といった人はノルマがあるほうがいいでしょうし、

  • 毎月使う水の量がバラバラ
  • 水があまるのがもったいない
  • あまった水を置くスペースに困る

という人はノルマがなくて必要なときに自分で注文できるサーバーや、自宅の水道水を利用できるタイプがいいと思います。

サーバーの設置とメンテナンス

私は「ウォーターサーバーは業者(専門のスタッフ)が設置してくれるもの」と思い込んでいたのですが、今回いろいろなサーバー会社を調べていくうちに、「サーバーを自分で設置するものがある」ということを初めて知りました!

ウォーターサーバーってけっこう、いや、かなり重いじゃないですか!

女性なら特に、玄関先から設置場所まで運んで、自分で取り付けて…って絶対無理だなと(笑)。

なので、契約後に「こんなはずじゃなかった!!」とならないためにも、しっかり確認しておくほうが賢明ですよ!

サーバー名サーバー初回設置メンテナンス料など
アルピナウォーター専門スタッフが設置(無料)2年に1回(無料)
エコサーバーは4年に1回(無料)
信濃湧水専門スタッフが設置(無料)2年に1回(無料)
エコサーバーは4年に1回(無料)
アクアクララ専門スタッフが設置(無料)2年に1回(無料)
アクアアドバンスは3年に1回(無料)
ワンウェイウォーター専門スタッフが設置(無料)
※smartシリーズ限定
定期メンテナンスなし
プレミアムウォーター基本的に自分で設置
※専門スタッフに設置してもらう場合は、有料設置サービス(8,800円)を申し込む
※ただし、妊婦~5歳以下の子供がいる家庭限定プラン「マムクラブ」を選択した場合は有料設置サービスが無料
※初回申し込み画面で「codo×PREMIUMWATER」のサーバーを選択すれば、マムクラブのプランを選択できるようになる

定期メンテナンスなし
<訪問クリーニングサービス>
1回9,130円~
<プレミアム安心パック>
682円/月
・サーバー交換
・引っ越しサービス
・トラブルサポートなど
コスモウォーター自分で設置なし(サーバー本体が自動クリーンシステムのため)
フレシャス自分で設置なし(サーバー本体にメンテナンス機能があるため)
クリクラ専門スタッフが設置(無料)1年に1回(あんしんサポートパック(460円/月))がかかる
ハミングウォーター自分で設置なし(内部定期メンテナンスの必要がない製品のため)
ウォータースタンド
専門スタッフが設置(無料)
※簡単に現状復帰できるので、賃貸住宅でもOK
6ヶ月に1回(無料)

卓上型のタイプなら、そんなに重くないので女性でも運べるとは思いますが、設置取り付けってなんか難しそう…って私みたいにちょっと拒否反応でる人いると思うんですよ(笑)。

このサーバー気に入ったのに自分で取り付けるんかい!と後でがっかりしないように、しっかり確認しておきましょうね。

水の種類と消費(賞味)期限

ここでは水の硬度と消費期限をまとめました。

また、ここで比較している水はすべて胃腸にやさしいといわれる軟水ですが、胃腸が人より弱くお腹を壊しやすいという人は、できるだけ硬度が低いものを選ぶほうが安心です。

サーバー名水の種類消費(賞味)期限
アルピナウォーターRO水
(軟水:硬度1mg/L未満)
セットした水:1ヵ月
未開封:1年間
(キャップに期限が印字されている)
信濃湧水天然水
(軟水:硬度16)
セットした水:1ヵ月
未開封:製造日から1年
アクアクララRO水
(軟水:29.7mg/L)
セットした水:2週間
未開封:製造日から6ヵ月
(キャップに期限が印字されている)
ワンウェイウォーター
RO水 ※居住地域によって違う
・プラスプレミアム(富士) (軟水:硬度34)
・プラスプレミアム(京都) (軟水:硬度15)
天然水
・富士の銘水「彩(SAYA)」(軟水:硬度68)
・奥京都三岳山麓「京の湧水」(軟水:硬度30)
・九州日田「天寿の水」(軟水:硬度62)
セットした水:2週間
未開封:6カ月
プレミアムウォーター天然水
(軟水:硬度25~83)
※硬度は採水地によって異なる
※水の採水地は変更可能
セットした水:1ヵ月
未開封:6カ月
(箱またはボトルに記載)
コスモウォーター天然水
・静岡採水地(軟水:硬度53)
・京都採水地(軟水:硬度30)
※最寄りの採水地から直送(指定はできない)
セットした水:1ヵ月
未開封:製造日から6カ月
フレシャス天然水
・フレシャス富士(軟水:硬度24)
・フレシャス木曽(軟水:硬度20)
・フレシャス朝霧高原(軟水:硬度85)
セットした水:1ヵ月
未開封:製造から6ヶ月
(箱やボトルに賞味期限の記載あり)
クリクラRO水+4つのミネラルを配合
(軟水:硬度30)
セットした水:2~4週間
未開封:6カ月
(ボトルキャップ(シール)に記載)
ハミングウォーター水道水+浄水フィルター
(軟水:硬度は約100)
※硬度は居住地域の水道水によって多少変動する
ウォータースタンド
水道水+浄水&ROフィルター
(軟水:硬度は約100)
※硬度は居住地域の水道水によって多少変動する
豆知識

【水の種類】RO水と天然水の違いとは?

RO水は簡単にいうと、人工的につくられた水のことです。

採水した水(水道水など)を超微細孔のフィルターに通して、不純物を徹底的に除去し製造されます。

大量生産できるので、天然水に比べて低価格のものが多いのも特徴ですね。

ミネラルなども除去された純水で無味無臭なので、味は決しておいしいとはいえませんが、赤ちゃんのミルクなど安心感を求める人に人気です。

天然水は、採水後にろ過・加熱殺菌などの処理がされているので、天然のミネラルなどをそのまま含んだ水です。

安全性はRO水と変わりませんが、おいしい水が飲みたい!という人に人気です。

水ボトルの置き配や回収・ボトルの交換

このご時世、水の宅配の受け取りって気になる人も多いと思います。

そこでここでは置き配ができるサーバーも調べてみました。

また、水ボトルの交換は足元がいい!という人のために、水の重さやボトルの交換場所もまとめました。

サーバー置き配・回収水ボトルの交換
アルピナウォーター・置き配可能
・空ボトルは再利用(水の配達時に無料で回収)
水の重さ:12L/kg
ボトルの設置:サーバー上部
信濃湧水・置き配可能
・空ボトルはペットボトルのため資源ごみとして処分
 (ボトル配送時に無料で回収もOK)
水の重さ:11.4L/kg
ボトルの設置:サーバー上部
アクアクララ・置き配可能
・空ボトルは再利用(水の配達時に無料で回収)
水の重さ:7L/kg・12L/kg
ボトルの設置:サーバー上部
ワンウェイウォーター
・不在時は不在票から連絡後、再配達
・空ボトルは飲むたびに収縮するウォーターボトルのため、資源ごみとして処分
水の重さ:12L/kg
ボトルの設置:サーバー下部(smart)
プレミアムウォーター・不在時は不在票から連絡後、再配達
・置き配は「アプリ連動型置き配バッグOKIPPA」を事前に購入すれば可能(税込4,980円)
・空ボトルは飲むたびに収縮するウォーターボトルのため、資源ごみとして処分
水の重さ:7L/kg・12L/kg
ボトルの設置:サーバーの種類によって異なる
マムクラブ限定cado×PREMIUMWATER(サーバー下部)以外のサーバーはすべて上部
コスモウォーター・不在時は不在票から連絡後、再配達
・空ボトルはペットボトルのため、資源ごみとして処分
水の重さ:12L/kg
ボトルの設置:サーバー下部
フレシャス・不在時は不在票から連絡後、再配達
・空ボトル(パック)はスーパーの袋とおなじポリエチレンのため、通常ごみ(不燃ごみ)として処分
水の重さ:4.7L/kg・7.2L/kg・9.3L/kg
ボトルの設置:サーバーの種類によって異なる
dewo(7.2L):サーバー上部
dewo mini(4.7L):サーバー上部
Slat(9.3L):サーバー下部
Slat×cafe(9.3L):サーバー下部
SIPHON+(7.2L):サーバー上部
クリクラ・置き配可能
・空ボトルは再利用(水の配達時に不在袋にボトルを入れておけば無料で回収)
水の重さ:12L/kg
ボトルの設置:サーバー上部
ハミングウォーター水道水を注ぐだけ水の補充位置:サーバー上部
ウォータースタンド
水道直結型水道直結型のため補充の必要なし

冷水と温水の温度

赤ちゃんが飲むミルクのお湯の調乳にいいと言われるお湯の温度は70℃以上。

エコモードや温度調節機能など、70~75℃の適温に設定できるサーバー(アクアクララアドバンスなど)もあるので便利です。

サーバー冷水と温水の温度
アルピナウォーター冷水:約5℃(エコ:10℃以下)
温水:約85℃(エコ:80℃以上)
信濃湧水冷水:5~10℃
温水:80~85℃(エコ:65℃)
アクアクララ冷水:5~12℃
温水:80~90℃
ワンウェイウォーター
冷水:6~10℃
温水:80~90℃
プレミアムウォーター冷水:約6℃
温水:約85℃
※スリムサーバーⅢの温度
コスモウォーター冷水:6~10℃
温水:80~90℃
フレシャス冷水:5~10℃
温水:80~85℃
※dewo/dewo mini/Slatのエコモード時の温水は70~75℃
※Slatはリヒート機能で約90℃まで再加熱できる
クリクラ冷水:4~10℃
温水:75~85℃
ハミングウォーター冷水:6~10℃
温水:80~90℃ (再加熱:約90℃)
※常温ボタンもあるので、常温水も飲める
ウォータースタンド
冷水:5.5~7.3℃
温水:85~93℃
※常温ボタンもあるので、常温水も飲める

ちなみに、失敗談のなかにもあった「カップ麺を作るお湯の温度が足りない」という意見。

そもそもカップ麺を作るのに必要なお湯の温度は約100℃のため、ウォーターサーバーのお湯では熱さが足りません。

どうしてもサーバーのお湯で作りたいという場合は、リヒート(再加熱)機能があるサーバーを使って90℃以上にしてから使うといいですよ。

デザイン(色とチャイルドロック)

サーバーチャイルドロック
アルピナウォーターホワイトのみ温水に標準装備
※冷水にも無料で取り付け可能
信濃湧水ホワイトのみスタンダード:温水に標準装備
エコサーバー:冷水&温水の二重ロック
アクアクララホワイト/ブラック(アクアファブ)
(※アクアスリムはホワイトのみ)
温水に標準装備
ワンウェイウォーター
ホワイト/ブラック/ベージュ/グリーン/ピンク冷水&温水に標準装備
プレミアムウォーターホワイト/シルバー/ピンク/ブラック
※スリムサーバーⅢの色
冷水&温水に標準装備
コスモウォーターホワイト/ブラック/ピンク/ウッド/ライトウッド冷水&温水に標準装備
「smartプラス」なら、サーバーの設定から
・完全ロック
・簡易ロック
・ロックフリー
をいつでも変更できる
フレシャスdewo:スカイグレー/メタリックブラック/ミルキーベージュ/ペールブルー/ローズトープ
dewo mini:メタリックブラック/スカイグレー/カッパーブラウン
Slat:マットホワイト/マットブラック
Slat×cafe:マットホワイト/マットブラック
SIPHON+:クールホワイト/ショコブラウン/クールブラック/シャイニーホワイト/パールピンク/ミルキーベージュ
全機種にチャイルドロックボタン標準装備
クリクラクリクラサーバー:ホワイト
クリクラFit:クールホワイト/ブルーブラック
ハミングウォーターホワイトのみサーバーのボタン設定から
・完全ロック
・温水のみロック
・ロックフリー
をいつでも変更できる
ウォータースタンド
基本的にホワイトのみ全機種搭載(温水ロック機能)

チャイルドロックは標準装備されているのが多いですが、オプションや無料で後付けできるものもあります。

ただ、チャイルドロックの仕様によってはデザインが変わってしまうことがあるので、後付けする場合はその辺もしっかり確認したほうがいいです。

逆に、「小さな子どもがいないからチャイルドロックがないほういい」という人は、コスモウォーターのsmartプラスや、ハミングウォーターにロックフリー機能があるのでチェックしてみてくださいね。

災害などの停電の時に使える?

ウィーターサーバーの水を防災時の備蓄用の水として考えている人も多いとは思いますが、実はサーバーの機種によっては停電時に使用できないものもあります。

いざというとき「え!?使えない!」とパニックにならないためにも、しっかり確認しておきましょうね。

サーバー停電時の利用
アルピナウォータースタンダード:使用可能(レバー式)
エコサーバー:利用不可(電子ボタン式)
信濃湧水スタンダード:使用可能(レバー式)
エコサーバー:利用不可(電子ボタン式)
アクアクララアクアファブ・アクアスリム・アクアスリムSは使用可能
ワンウェイウォーター使用可能
プレミアムウォーター・スリムサーバーIII
・amadanaスタンダードサーバー
・スリムサーバー
・amadanaウォーターサーバー)
は使用可能
コスモウォーターサーバーに設置した水は使用可能
フレシャスdewo:利用不可(電子ボタン式)
dewo mini:利用不可(電子ボタン式)
Slat:利用不可(電子ボタン式)
Slat×cafe:利用不可(電子ボタン式)
SIPHON+:使用可能(レバー式)
クリクラ使用可能
※日本気象協会で公式の防災グッズとして認定
ハミングウォーター別売りの非常用電源ユニット(1,760円/送料無料)
を使えば、常温水が使用可能
ウォータースタンド
ナノラピアシリーズの使用可能機種
・ネオ
・トリニティ
・メイト
・ナノスタンド

プレミアムシリーズの使用可能機種
・S2
・L2
・ネオス2

引っ越しする時、取り外し費用がかかるか?

旦那さんの転勤が多い人や、仕事などの都合で急に引っ越しになった場合など、

  • サーバー側が取り外してくれるのか?
  • 自分で取り外すのか?
  • 取り外し費用はかかるのか?
  • 梱包や運搬は?

など、気になる点をまとめました。

サーバー取り外し費用梱包や運搬
アルピナウォーター無料無料でサーバー側に頼める
自分で運ぶことも可
信濃湧水無料無料でサーバー側に頼める
自分で運ぶことも可
アクアクララ無料か有料かは地域による
※利用地域の販売店に確認
無料でサーバー側に頼める
自分で運ぶことも可
ワンウェイウォーター
取り外しサービスはなし
自分で取り外して移送
自分で、または引っ越し業者に依頼
プレミアムウォーター「プレミアム安心パック(682円/月)」に加入していれば、無料でサーバーを回収してくれる
※加入していない場合は自分で取り外す
「プレミアム安心パック(682円/月)」に加入していれば、新しいサーバーを新居に届けてくれる
※加入していない場合は自分で、または引っ越し業者に依頼
コスモウォーター「安心サービス(110円/月)」に加入していれば、サーバーを無料で回収してくれる
※加入していない場合は自分で取り外す
「安心サービス(110円/月)」に加入していれば、新しいサーバーを新居に届けてくれる
※加入していない場合は自分で、または引っ越し業者に依頼
フレシャス取り外しサービスはなし
自分で取り外して移送
自分で、または引っ越し業者に依頼
クリクラ無料無料でサーバー側に頼める
自分で運ぶことも可
ハミングウォーター取り外しサービスはなし
自分で取り外して移送
自分で、または引っ越し業者に依頼
ウォータースタンド
無料移設費用も無料

引っ越し先でも利用できるかを確認し、利用できなければ解約になります。

解約料も次の項目でまとめていますので、チェックしてみてください。

ちなみに、サーバーの引っ越しは自分で運ぶことができますが、移動中に傾けたり、電源を入れるタイミングを間違えると、故障の原因になることもあるので注意が必要です。

最低利用年数と解約手数料

サーバー名最低利用年数解約手数料
アルピナウォーター1年関東:11,000円 その他:5,500円
信濃湧水1年11,000円
アクアクララ通常プラン:1年
2年割プラン:2年
子育てアクアプラン:2年
通常プラン:6,600円
2年割プラン:11,000円
子育てアクアプラン:11,000円
ワンウェイウォーター
2年9,900円
※お掃除ロボット付ウォーターサーバーは15,400円
プレミアムウォーター通常プラン:2年
3年パック:3年
マムクラブ:3年
※解除料金はプランとサーバーのタイプによって異なる
※プレミアムウォーターの解除料金は不課税
通常プラン:10,000~20,000円
3年パック:15,000~20,000円
マムクラブ:20,000円
コスモウォーター2年(smartプラス)9,900円
フレシャスレンタルプラン:2年
買取プラン:なし
<契約・交換後~1年未満>
16,500円(違約金)+3,300円(回収手数料)
<1~2年未満>
9,900円(違約金)+3,300円(回収手数料)
<2年以上>
3,300円(回収手数料)のみ
クリクラなしなし
※解約時のサーバー返却が翌月になると、翌月分の「あんしんサポートパック(460円/月)」の料金は発生するので注意
ハミングウォーター2年16,500円
ウォータースタンド
1年11,000円
解約手数料は税込で表示しています。

こうやって比較してみると、ほぼすべてのサーバーに最低利用年数の縛りがあったり、解約金がかかるんですよね。

そんななか「クリクラ」だけが利用年数の縛りがなく、いつ解約しても違約金が発生しません。

なので、試しに短期間使ってみたいという人にはいいかもしれませんね^^

また、サーバーによってはキャッシュバックやギフトカードなどのキャンペーンの申込みで最低利用期間前に解約する場合、景品代など別の支払いが発生する場合があるので注意が必要です。

ウォーターサーバーの提供エリア

サーバー名提供エリア
アルピナウォーター北海道・本州・四国・九州
(沖縄・離島は提供エリア外)
信濃湧水北海道・本州・四国・九州
(沖縄・離島は提供エリア外)
アクアクララ全国47都道府県
ワンウェイウォーター
本州・四国・九州
(北海道・沖縄・離島は提供エリア外)
プレミアムウォーター全国
(離島など一部地域を除く)
コスモウォーター北海道・本州・四国・九州
(沖縄・離島は提供エリア外)
フレシャス北海道・本州・四国・九州
(沖縄・離島など一部地域は提供エリア外)
クリクラ北海道・本州・四国・九州
(沖縄・離島など一部地域は提供エリア外)
ハミングウォーター本州・四国・九州
(北海道・沖縄・離島および一部のエリアは提供エリア外)
ウォータースタンド
47の都道府県
(一部地域を除くエリア)

今の住まいはもちろんですが、引っ越し先でも使えるのかチェックしておくほうが〇。

さいごに

ウォーターサーバーってほんとにめちゃくちゃ種類があるので、何がどう違うのか分かりにくいですよね。

私自身、いろんな公式サイトを見ているだけで「ここが安くてよさそう!」とか「あ、こっちのほうがデザインがかっこいい!」とか、めっちゃ迷いました!(>_<)

我が家は、夫、私、子ども2人の4人家族なので、けっこう水の量を使うし、おいしいお水も飲みたい。

で、いろいろと比較した結果、「ハミングウォーター」に決定!

なぜ私がハミングウォーターを選んだかというと、

  • どれだけ飲んでも定額3,300円(税込)/月だけ!という分かりやすさ
  • 水道水の不純物は除去されるのにミネラル成分はそのままだからおいしい水が飲める
  • 常温の水が飲める(我が家の子どもは冷水が嫌いなので)

といった理由です。

そもそもズボラな性格なので、水を注文したり配送サイクルを気にするのが面倒なんですよね。

家族構成、毎月使う水の量、毎月かかるコストなど、どこを一番重視して、なにを妥協するかは人それぞれ。

ぜひ、あなたのお家に合うウォーターサーバーを見つけてくださいね♪

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる