秋川莉胡(4番)はどんな人物?十二人の死にたい子どもたち

小説【十二人の死にたい子どもたち】が2019年1月25日に実写映画化されることが決定して、その配役キャストに注目が集まっています。

しばらく4番の秋川莉胡(あきかわりこ)役は謎に包まれていましたが、ようやく橋本環奈さんという事実が公表されました!

 

そこで今回は【十二人の死にたい子どもたち】の物語の中の登場人物、秋川莉胡(4番)とは一体どんな人物なのか?

役柄や見どころなどについてまとめました。

 

※ネタバレの内容になりますので、まだ詳しく知りたくない人は注意して閲覧してくださいね。

 

 

 

秋川莉胡(4番)はどんな人物?

 

【十二人の死にたい子どもたち】の物語の中で、橋本環奈さん演じる『秋川莉胡』とはいったいどんな登場人物なのか気になりますよね。

 

ここではまず、物語での名前役柄死にたい理由などをまとめていきます。

 

名前:リョウコ

年齢:17歳(高校2年生)

職業:女優

芸名:秋川莉胡(通称リコ)

 

死にたい理由:天才子役から現在も大人気の女優『秋川莉胡』は、母親や周りの大人が作り上げた商品だと思っている。

多忙な日々の中、『リコ』でいることに疲れ果て、本当の自分が分からなくなってしまったリョウコは、最期を迎えるときくらい本当の自分でいたいと望んで、この『集い』に参加することを決意する。

 

 

秋川莉胡の映画の中での見どころは?

秋川莉胡の役どころといえば、深くかぶった帽子マスクで人相が分からない感じなので、とっても謎が深い人物だといえます。

話が進むにつれてこの秋川莉胡の素顔が明らかになっていくのですが、この集いの中では自らの名前を『リョウコ』と名乗っています。

十二人で計画を実行する予定が、13人目の登場人物によって物語は大きく揺れ動いていきます。

 

そんな中、果たしてリョウコ(秋川莉胡)の計画は無事に実行されるのか?

 

 

簡単なあらすじやネタバレについては

【十二人の死にたい子どもたち】簡単なあらすじと衝撃の結末を暴露

でご紹介しています。

 

はじめのキャスティングも謎、物語の中でも謎。

この『秋川莉胡』という人物は本当に興味深い登場人物だといえますね。

 

 

13人目のキャストは?

13番目のキーマンとなるキャスト予想ですが、こちらは調べてみても今の段階では出てきませんでした。

まぁ考えてみたら、予告の顔出しすらないので予想しようがありませんよね^^;

 

ただひとつ分かっているのは、13人目は男子だということ!

 

映画を観るまでのお楽しみなのか、映画を観ても13番目の人物は謎のままなのかも分かりませんが、とにかく映画公開を楽しみに待とうと思います。

分かり次第また追記していきます^^

 

秋川莉胡(4番)はどんな人物?まとめ

ここまで映画【十二人の死にたい子どもたち】の橋本環奈さんが演じる『4番秋川莉胡』についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

最近の映画でこんな風にキャストが謎で話題になるってなかなかないんじゃないですかね?

 

橋本環奈さんは、かわいい役から白目をむくおもしろキャラまで変幻自在の女優さんですが、今回の映画【十二人の死にたい子どもたち】で演じる『秋川莉胡』では、まったく『おもしろさ』はなくミステリアスな役をかっこよく演じているようです。

 

橋本環奈さんのファンはもちろんですが、そうでない人もこの映画は絶対に要チェックですね!!

 

 

【関連記事】

【十二人の死にたい子どもたち】簡単なあらすじと衝撃の結末を暴露

3番ゴスロリ役の古川琴音の素顔が可愛すぎる!?

1番サトシ役の高杉真宙がイケメンすぎる!

 

error: Content is protected !!